検索

11月26日(金)に行われた研修会の様子

全国からオンライン化による申請等取次研修会に多数ご参加いただきまして

ありがとうございました。また、最後の質疑応答の時間は多数ご質問をいた

だきましたので参考として以下に抜粋させていただきます。


●取次の範囲についたご質問が多かったように感じました。

・教育機関として扱える取次資格者の在留資格は?

・支店で就業している外国人の在留資格申請の入管窓口は支店がある地域管轄か、

 本社がある地域管轄になるのか?

・他の協同組合が監理する実習生の在留資格申請も取次資格者になればできるのか?

・代理人と取次の違いについて。


他にもご質問を賜りましたが答えは申請等取次研修会の際に回答済みとなります。


当社の申請等取次研修会にご興味がある方はホームページからお申込みいただけます

のでご参加お待ち申し上げます。





最新記事

すべて表示

申請等取次資格は研修会を受講したことで資格者となるものでは無く、修了証書とあわせて他の申請資料を準備し、地方出入国在留管理局に承認申請の申出をおこなう必要があります。 他の申請資料は機関によって様式が異なりますので詳しくは出入国在留管理局庁ホームページに掲載されている内容に沿ってご準備ください。 https://www.moj.go.jp/isa/applications/guide/nyuuk

管轄区域外又は分担区域外に住居地を有する外国人の申請取次について これまで、申請人の所属する機関の事務所が管轄区域内に所在しており、その職員による取次申請であって申請人が管轄区域外の地域に住居地を有する場合は、現に申請人が当該事務所で活動している場合に限って、管轄区域外又は分担区域外に住居地を有する外国人からの申請を受付けることとしてきましたが、現在は申請人の住居地にかかわらず、当該申請人が受入れ

在留諸申請人と別の申請等取次者が、在留カードの受領のみを取り次いでおこなうことも可能です。その場合は、依頼者の署名がされた「依頼書」が必要となります。詳しくは出入国在留管理庁ホームページを参照してください。https://www.moj.go.jp/isa/applications/guide/nyuukokukanri07_00252.html 申請等取次制度とは 申請取次制度とは、一定の要件を