top of page

国交省/CCUSレベル別年収公表 

CCUS建設キャリアアップシステムとは


 国土交通省は6月15日に開催した「建設キャリアアップシステム処遇改善推進協議会」で、CCUS(建設キャリアアップシステム)レベル別年収を公表した。各技能者の経験や資格が評価された場合に相当するCCUSレベルに応じ、公共工事設計労務単価と同等に必要な費用を反映した上で、年収額(週休2日を確保した労働日数234日)を試算した。レベルは1(5年未満相当)~4(登録基幹技能者相当)までの4段階で、それぞれ年収のばらつきを踏まえ上位・中位・下位の年収額を示した。例えばレベル3・中位の年収は、「全国(全分野)」では628万円、建築大工では634万円となった。

 

 国交省は「CCUSレベル別年収」の公表によって、「若い世代が、建設業の技能者として入職し、技能・経験を重ねていけるよう」に、▽将来の処遇面でのキャリアパスを示す、▽技能・経験に応じた賃金支払いについて目指すべき具体的なイメージを業界全体で共有することで、官民一体で賃上げや適正価格での受発注の促進を目指すとしている。    調査に当たってレベル評価を行っていない技能者も、経験年数と保有資格を基に

レベル1相当:5年未満

レベル2相当:5年以上10年未満

レベル3相当:10年以上または1級技能士

レベル4相当:登録基幹技能者と推定。各レベルの「上位」は上位15%程度、「中位」は平均、「下位」は下位15%程度の全国の年収相当として作成した。


建築大工に関しては、

▽レベル1=下位367万円、中位492万円、上位617万円

▽レベル2=下位428万円、中位566万円、上位704万円

▽レベル3=下位475万円、中位634万円、上位793万円

▽レベル4=下位542万円、中位694万円、上位847万円


以上となっている。


最新記事

すべて表示

マッチングイベント等の実施による特定技能制度の活用の促進について

出入国在留管理庁からのお知らせ 出入国在留管理庁では、特定技能制度の活用促進に関する取組の一環として、「特定技能」での就労を希望する外国人と特定技能外国人の雇用を希望する企業を支援するため、マッチングイベント等を開催しています。 海外ジョブフェア及び国内マッチングイベント 令和5年度(2023年度)の海外ジョブフェア及び国内マッチングイベントの開催概要は以下のとおりです。たくさんの御参加お待ちして

政府が外国人育成就労の方針を決定

外国人育成就労の方針決定とは 政府の関係閣僚会議は令和6年2月9日に、技能実習制度に代わり外国人材の確保・育成を目的とする新制度「育成就労」の方針を決定した。 政府有識者会議の報告内容を大筋で踏襲したが、同じ業務分野で職場を変える「転籍」については最長で2年間制限するなど自民党提言を一部考慮した。 事実上永住も可能な「特定技能」への移行を促す新制度導入で「永住者」の在留資格を得た外国人の増加が見込

JR東日本が車両整備の外国人技能実習 4月にタイから

鉄道車両整備に外国人技能実習生の受入とは JR東日本は6日、鉄道車両の整備職種で外国人技能実習生を受け入れると発表した。 4月1日付でタイから6人を受け入れ、台車の組み立てや車輪の検査作業などを任せる。鉄道業界では車両整備の分野で人手不足の懸念が強まっている。今後もアジア地域を中心に実習生を受け入れ、技術教育を施しながら将来的な人材確保になげる。 大宮総合車両センター(さいたま市)で3年間受け入れ

bottom of page