top of page

インドネシア 「特定技能」在留資格取得を支援 教育施設が開校

NEWS記事 インドネシアで日本の「特定技能」の在留資格を取得するための教育施設が開校し、日本で働く人が増えることが期待されています。

インドネシアの首都ジャカルタに開校したのは、日本政府が2019年に外国人材の受け入れ拡大のために導入した「特定技能」の在留資格の取得を支援する教育施設です。 18日、日本とインドネシア両国の政府関係者も出席して開校式が行われました。 この教育施設は、アジア各国で日本で働くための人材の育成や支援などを行っている東京の企業が設立しました。 施設では、審査のうえで選ばれたインドネシア人におよそ6か月かけて日本語や介護などの知識を無償で学んでもらい、「特定技能」の試験に合格したあとは日本に送り出します。


インドネシアは300万人以上が外国で働いているとされていますが、ことばを習得するための教育を受ける費用が工面できないなどの問題があり、日本で働く人はマレーシアなどに比べて少なく、日本とインドネシア両国は教育施設の開校で、日本で働く人が増えることに期待しています。


施設を設立した「ONODERA USER RUN」の加藤順社長は「新型コロナウイルスが収束に向かい、日本の受け入れ先も外国人雇用に再び力を入れ始めている。無償教育を行い、日本で頑張れる人材を育成したい」と話していました。


最新記事

すべて表示

申請等取次機関からの定期報告の廃止について

申請等取次機関からの定期報告廃止とは 出入国在留管理局庁から申請等取次機関から年に1回の定期報告を廃止したお知らせが令和6年7月2日付でありましたので以下にお知ら致します。 有効な申請等取次証明書をお持ちの方については、これまで、所属 する機関に関する資料(前年1月から12月末までの1年分)を、承 認手続を行った地方出入国在留管理局(出張所含む)へ、毎年1月末 までに提出いただいておりましたが、本

特定技能の外国人が、訪問介護で働けるように 期待と懸念

外国人が訪問介護で働けるとは 以下のNEWSは、介護職の人手不足をおぎなう為に、外国人が訪問介護で働けるように制限を緩和したことについて取り上げています。↓↓↓↓ 厚生労働省の有識者検討会は、「訪問介護」に従事する外国人材の制限を緩和する案を2024年6月19日にまとめた。 在留資格「特定技能」や「技能実習」で働く外国人材や、経済連携協定(EPA)に基づく「EPA介護福祉士候補者」にも解禁していく

「育成就労」改正法が成立 申請等取次研修会

改正法が成立 以下のNEWSは育成就労の法案が成立したことと、開始時期等を説明しています。 育成就労 技能実習制度の代わりに外国人を受け入れる「育成就労制度」創設を柱とする技能実習適正化法と入管難民法の改正法が14日、参院本会議で賛成多数により可決、成立した。 令和9年までに施行される。人材育成による国際貢献を名目に劣悪な労働条件による人権侵害が相次いでいた技能実習制度は導入から約30年で廃止。人

Comments


bottom of page