top of page

日本滞在のスーダン人に就労可能な1年間の在留資格容認

在留資格容認とは

アフリカ・スーダンの治安情勢が改善されない状況を踏まえて、出入国在留管理庁は、一定期間日本に滞在しているスーダン人を対象に就労が可能な1年間の在留資格を認めることを決めました。

これは齋藤法務大臣が14日の記者会見で明らかにしました。


それによりますと、スーダンではクーデターで実権を握った軍と傘下の準軍事組織がことし4月に衝突して以降、現在も治安情勢が改善されない状況にあるということです。


このため出入国在留管理庁は、一定期間日本に滞在していて情勢不安を理由に引き続き滞在を希望するスーダン人を対象に、14日以降、緊急避難措置として就労が可能な1年間の在留資格を認めることを決めました。


また、国外退去が決まった人についても本人の意思に反してスーダンへ送還することはしないとしています。


法務省によりますと現在、およそ400人のスーダン人が日本に滞在しているということで齋藤法務大臣は「今後のスーダンの情勢を踏まえつつそれぞれの人たちの状況にも配慮しながら適切に対応していく」と述べました。


最新記事

すべて表示

「育成就労」改正法が成立 実態に即した制度に

「育成就労」改正法が成立 実態に即した制度とは 以下のNEWSは育成就労の法案が成立したことと、開始時期等を説明しています。 「育成就労」改正法が成立 実態に即した制度に 技能実習制度の代わりに外国人を受け入れる「育成就労制度」創設を柱とする技能実習適正化法と入管難民法の改正法が14日、参院本会議で賛成多数により可決、成立した。 令和9年までに施行される。人材育成による国際貢献を名目に劣悪な労働条

「育成就労」法案が衆院通過

育成就労法案とは このNEWSは、外国人を受入れる新しい制度「育成就労」の法案が衆院を通過したことを取り上げています。内容には未税の外国人永住者の対応課題も含みながら慎重な配慮規定を受けながらの通過となりました。↓↓↓↓ 「育成就労」法案が衆院通過 永住取り消しに配慮規定 技能実習に代わる「育成就労」を新設する技能実習法と出入国管理法などの改正案が21日、衆院本会議で与党などの賛成多数で可決された

資格外活動をさせた疑いで派遣会社社長が逮捕

資格外活動をさせた疑いとは 以下のNEWSは、特定技能制度の職種分野が拡大されている中、グレーゾーンの分野で技術人文国際業務の在留資格で就労させた場合は資格外活動として厳しく取り締まれているのが分かる例になります。↓↓↓↓ 資格外活動をさせた疑いで派遣会社社長が逮捕 群馬県の建築資材工場でベトナム人の女らに資格外の活動をさせたとして、人材派遣会社社長の女ら2人が逮捕されました。 入管難民法違反の疑

Comments


bottom of page