top of page

外国人材「経済活性化に資する」 技能実習、見直し必要 小泉法相インタビュー

技能実習見直し案とは

小泉法相は13日、時事通信などのインタビューに応じ、専門知識や特殊技術を持つ外国人労働者の受け入れは「経済社会の活性化に資する」と述べた。外国人技能実習制度については「人権への配慮が重要だ」と見直しの必要性を強調した。主なやりとりは次の通り。


信実習制度「人材確保」に重点 政府有識者会議が中間報告案・人権侵害なお懸念

―外国人労働者の受け入れに関する見解は。 経済がグローバル化する中、専門的、技術的分野での受け入れは積極的に進めるべきだ。  

―外国人技能実習制度見直しの意義は。 技能実習制度は「国際貢献」の看板と、労働力確保に使われている実態との乖離(かいり)が指摘されている。この解消が必要だ。外国人との共生社会を実現するため、国民に受け入れてもらえる仕組みとしたい。

―同性婚の法制化について検討状況は。 家族の在り方の根幹に関わる問題で、国民的なコンセンサスが必要だ。国民各層の意見、国会の議論や訴訟の動向、地方自治体のパートナーシップ制度の運用状況を注視する。

―離婚後も父母双方が子の親権を持つ「共同真剣」導入の議論の進め方は。 父母の離婚後の養育の在り方は、子の利益の観点から非常に重要な問題だ。共同親権の導入は反対、賛成それぞれの方向で強い意見がある。法制審議会(法相の諮問機関)で充実した審議がスピード感を持って行われることを期待したい。


最新記事

すべて表示

建設、特定技能2号評価試験 月開催日のお知らせ

建設、特定技能2号評価試験とは 建設技能人材機構(JAC)のホームページから表題の特定技能2号試験の月開催日が告知されていましたので以下に共有させていただきます。 東京開催 4月 8,15,22日 5月13,20,27日 東京試験会場 一般社団法人 建設技能人材機構 テストオフィス 東京都港区虎ノ門3-7-10 ランディック虎ノ門ビル8階 名古屋開催 5月29、30日 名古屋会場 名古屋国際センタ

特定技能介護分野・協議会入会手続きの見直し

介護分野・特定技能協議会の見直しとは 1. 告示の改正に伴う手続きの見直しについて 介護分野において、特定技能外国人を受け入れる機関(以下、「受入機関」という)は、地方出入国在留管理局(以下「地方入管局」という)による在留諸申請に係る審査を受ける必要があり、その審査において、当該受入機関は厚生労働省が設置する「介護分野における特定技能協議会(以下「協議会」という)」の構成員であることという要件が課

特定技能外国人数の公表(出入国在留管理庁公式)

特定技能在留外国人数の公表等とは 特定技能在留外国人数(速報値)を定期的に公表します。令和4年6月以降は、半年に1回の公表としています。 令和4年3月末時点までは、特定技能2号外国人の在留はありませんので、公表値は全て特定技能1号在留外国人数です。 特定技能在留外国人数の公表にあわせて、以下の特定技能制度運用状況を更新しています。 特定技能制度運用状況、速報値 令和5年12月末時点 https:/

Comments


bottom of page