top of page

外国人の技能実習・特定技能の両制度の見直し

技能実習・特定技能の両制度の見直しとは

 

 外国人の技能実習・特定技能の両制度の見直しを検討する政府の有識者会議では、技能実習制度を廃止し新制度創設を提言する最終報告書のたたき台が事務局から示された。


 新制度では、対象となる外国人すべてに、熟練した技能を持つ外国人労働者に付与される「特定技能2号」の在留資格を得る道が開かれることになる。事実上の永住を認める資格である2号の「質」を保つため、今後の議論では日本語能力をどう向上させるかがカギとなりそうだ。


 新制度では外国人の育成期間を原則3年とし、さらに日本で働くことを希望する場合、特定技能への移行を目指すことになる。これまで2号の要件には、一部の業種を除き日本語能力が求められていなかったが、たたき台では一定の技能試験に加え、日本語能力試験も要件とした。 要件の厳格化が意図するのは、受け入れ過程での外国人の「選抜」だ。無制限に門戸を広げれば能力や適性を欠く外国人労働者が増え、社会で摩擦を生む可能性もある。


日本語能力の向上は日本社会への理解や地域社会に溶け込むことにもつながり、2号であれば帯同できる家族へのサポートにも資する。たたき台には、継続的な学習による段階的な日本語能力の向上を促すため、日本語講習の支援なども方策として盛り込まれた。


 こうした背景には、過去の外国人受け入れ政策での苦い経験がある。 政府は平成2年、日系人について家族帯同で職種の制限なく就労ができる「定住者」資格での受け入れを開始。だが日本語能力や技術力などの要件を定めず、支援策も不十分なまま受け入れを進めた結果、問題が続発することになった。


 外国人の地域社会への定着に尽力してきた関係者は「日系人といっても、日本語が話せるとはかぎらない。一定の日本語能力を要件とし、家族の支援体制を整えるなどの方策を取っていれば、外国人がもっと社会に溶け込む形で受け入れができたはずだ」と話す。


 いかに細やかな制度設計が求められる。


最新記事

すべて表示

「育成就労」法案が衆院通過

このNEWSは、外国人を受入れる新しい制度「育成就労」の法案が衆院を通過したことを取り上げています。内容には未税の外国人永住者の対応課題も含みながら慎重な配慮規定を受けながらの通過となりました。↓↓↓↓ 「育成就労」法案が衆院通過 永住取り消しに配慮規定 技能実習に代わる「育成就労」を新設する技能実習法と出入国管理法などの改正案が21日、衆院本会議で与党などの賛成多数で可決された。永住者が税などの

資格外活動をさせた疑いで派遣会社社長が逮捕

資格外活動をさせた疑いとは 以下のNEWSは、特定技能制度の職種分野が拡大されている中、グレーゾーンの分野で技術人文国際業務の在留資格で就労させた場合は資格外活動として厳しく取り締まれているのが分かる例になります。↓↓↓ 群馬県の建築資材工場でベトナム人の女らに資格外の活動をさせたとして、人材派遣会社社長の女ら2人が逮捕されました。 入管難民法違反の疑いで逮捕されたのは、群馬県伊勢崎市の人材派遣会

不法滞在の外国人を派遣した派遣会社代表が書類送検

不法滞在の外国人を派遣とは 以下のNEWSは、オーバーステイなどで不法滞在している外国人を企業に派遣した疑いがもたれている派遣会社の代表が逮捕されているNEWSです。↓↓↓ オーバーステイ等の不法滞在で就労資格がない外国人、60人余りを企業に派遣したとして、大阪の人材派遣会社と社長ら7人が不法就労助長の疑いで書類送検されました。 社長は任意の事情聴取に対し「金を稼ぐため、多くの外国人と契約したかっ

Comments


bottom of page