top of page

外国人材らの受験機会拡大 介護福祉士試験見直しへ 厚労省

介護福祉士試験見直しとは 


 厚生労働省は、介護現場での人材不足が深刻化する中、介護福祉士の国家試験制度を見直す検討に入った。特定技能の外国人材ら、働きながら資格取得を目指す人の受験機会の拡大に向け、合否判定の仕組みの変更などを視野に入れている。


具体的には、筆記試験の合否判定について、計13科目の総得点で評価する方法を改め、科目ごとに合否を出して、合格した科目が有効期限内なら再受験する際に免除することなどを考えている。

 

 高齢者人口がほぼピークとなる2040年度に必要とされる介護職員は約280万人。しかし、他の業種に比べて低い賃金などを理由に離職するケースも少なくなく、外国人材を含む担い手確保が課題となっている。

 

 専門的な知識を備え、現場で中心的な役割を担う介護福祉士は特に重要な存在。ただ、厚労省によると、年に1度の国家試験の受験者は現場で働く人が約8割を占める。受験資格を得るには3年以上の実務経験が必要になるため、特定技能や技能実習の外国人材が最長5年の在留期間内に合格するのはハードルが高いとの声が上がっている。

 

 そこで厚労省は、筆記試験の合否判定の仕組みを見直す。科目ごとに合否を出す方式は保育士試験で採用しており、同省はこの制度などを参考とする見通し。

 

 介護福祉士の資格を持つ外国人材は「介護」の在留資格を得られ、働く期間や従事できるサービスに制限がなくなり、家族の帯同も認められる。このため人材の定着につながることが期待できる。

 

 厚労省は、試験の公平性や運営体制などにも考慮し、制度の詳細を詰める方針。


最新記事

すべて表示

「育成就労」法案が衆院通過

このNEWSは、外国人を受入れる新しい制度「育成就労」の法案が衆院を通過したことを取り上げています。内容には未税の外国人永住者の対応課題も含みながら慎重な配慮規定を受けながらの通過となりました。↓↓↓↓ 「育成就労」法案が衆院通過 永住取り消しに配慮規定 技能実習に代わる「育成就労」を新設する技能実習法と出入国管理法などの改正案が21日、衆院本会議で与党などの賛成多数で可決された。永住者が税などの

資格外活動をさせた疑いで派遣会社社長が逮捕

資格外活動をさせた疑いとは 以下のNEWSは、特定技能制度の職種分野が拡大されている中、グレーゾーンの分野で技術人文国際業務の在留資格で就労させた場合は資格外活動として厳しく取り締まれているのが分かる例になります。↓↓↓ 群馬県の建築資材工場でベトナム人の女らに資格外の活動をさせたとして、人材派遣会社社長の女ら2人が逮捕されました。 入管難民法違反の疑いで逮捕されたのは、群馬県伊勢崎市の人材派遣会

不法滞在の外国人を派遣した派遣会社代表が書類送検

不法滞在の外国人を派遣とは 以下のNEWSは、オーバーステイなどで不法滞在している外国人を企業に派遣した疑いがもたれている派遣会社の代表が逮捕されているNEWSです。↓↓↓ オーバーステイ等の不法滞在で就労資格がない外国人、60人余りを企業に派遣したとして、大阪の人材派遣会社と社長ら7人が不法就労助長の疑いで書類送検されました。 社長は任意の事情聴取に対し「金を稼ぐため、多くの外国人と契約したかっ

Comentários


bottom of page