top of page

中国など6か国からの訪日外国人、滞在予定3ヶ月超は入国前の結核検査を義務付けへ

入国前結核検査とは


政府は2024年度から、日本に中長期の滞在を予定し、アジア6ケ国から訪れる外国人を対象に、結核を発病していないかを入国前に調べる検査を義務づける方針を明らかにした。海外から結核患者の流入を防ぐ狙いで、発病していないことを証明する書類がなければ入国を認めない。当初は東京五輪・パラリンピックの開催に合わせ、2020年7月に導入予定だったが、コロナ禍で延期されていた。


対象国はフィリピン、ベトナム、インドネシア、ネパール、中国、ミャンマーの6ケ国で、日本滞在中に診断された外国人の結核患者の約8割を占める。感染拡大のリスクが高い3ケ月超の滞在予定者に限定し、日本政府が指定する現地の医療機関で胸部エックス線などの検査を受け、発病していないことを示す証明書の交付を受けてもらう。提出しないと、ビザ(査証)は発給しない。


日本は22年の新規患者数が1万235人で、人口10万人あたり8・2人まで減少し、世界保健機関(WHO)が「低 蔓延まんえん 国」の基準とする10人を2年連続で下回った。長年、蔓延国と位置づけられてきたが、近年は保健師らによる服薬指導などの対策強化やコロナ禍の影響で患者が減少し、ようやく欧米並みとなった。一方で、新規患者の約1割を外国人が占めていることから水際対策を強化する。


人口10万人あたりの患者数は、フィリピンが638人、ミャンマー475人、インドネシア385人など、対象国は現在も結核患者が多い。留学生や技能実習生など中長期の滞在予定者は、コロナ禍で新規入国が激減したが、2022年3月から入国が可能になり、今後も増加が見込まれている。

 

日本滞在中に診断される外国人の結核患者は若者が多く、「多数に感染させる可能性が高く、日本で発病して感染を広げないようにする必要がある」(厚生労働省の担当者)という。米国や英国、カナダ、豪州、韓国などでは同様の入国前の検査を実施している。


政府は具体的な導入時期について関係各国と調整を進めており、「24年度中のできるだけ早期に導入し、感染を抑え込むため警戒を強めたい」としている。


◆結核= 患者のせきやくしゃみに含まれる結核菌を吸い込むことで感染する。感染しても発病するのは10人中1~2人とされる。せきやたん、微熱などが長く続くのが特徴で、体のだるさや食欲不振を伴うことがある。医師は診断した全ての患者を保健所に届け出る。


最新記事

すべて表示

マッチングイベント等の実施による特定技能制度の活用の促進について

出入国在留管理庁からのお知らせ 出入国在留管理庁では、特定技能制度の活用促進に関する取組の一環として、「特定技能」での就労を希望する外国人と特定技能外国人の雇用を希望する企業を支援するため、マッチングイベント等を開催しています。 海外ジョブフェア及び国内マッチングイベント 令和5年度(2023年度)の海外ジョブフェア及び国内マッチングイベントの開催概要は以下のとおりです。たくさんの御参加お待ちして

政府が外国人育成就労の方針を決定

外国人育成就労の方針決定とは 政府の関係閣僚会議は令和6年2月9日に、技能実習制度に代わり外国人材の確保・育成を目的とする新制度「育成就労」の方針を決定した。 政府有識者会議の報告内容を大筋で踏襲したが、同じ業務分野で職場を変える「転籍」については最長で2年間制限するなど自民党提言を一部考慮した。 事実上永住も可能な「特定技能」への移行を促す新制度導入で「永住者」の在留資格を得た外国人の増加が見込

JR東日本が車両整備の外国人技能実習 4月にタイから

鉄道車両整備に外国人技能実習生の受入とは JR東日本は6日、鉄道車両の整備職種で外国人技能実習生を受け入れると発表した。 4月1日付でタイから6人を受け入れ、台車の組み立てや車輪の検査作業などを任せる。鉄道業界では車両整備の分野で人手不足の懸念が強まっている。今後もアジア地域を中心に実習生を受け入れ、技術教育を施しながら将来的な人材確保になげる。 大宮総合車両センター(さいたま市)で3年間受け入れ

bottom of page